意外にもアメリカ人が苦手なスポーツ サッカー

オリンピックの金メダル獲得数を目安に、スポーツの強さを調べてみると、世界1位の強豪国アメリカは「スポーツ大国」ですが、あまりサッカーが強いイメージがありません。

最近、女子サッカーが強豪なアメリカが、かつてなぜ「サッカー不毛の地」と言われていたのでしょうか。

主に足を使うサッカーは、自分が思うとおりボールを扱えず、ミスが起こりやすくなります。 このように、ミスが起こり、日頃の努力が台無しになる意図しない事態が起こる、不満だらけのスポーツに映るサッカーは、アメリカ人気質に合わないのでしょう。

「猛勉強の末有名大学に入り、経営学博士号を修得後、大企業のCEOに出世」というアメリカ人のサクセスストーリーにも反する、理不尽なサッカーが我慢できないのでしょう。

反面、アメリカ人が好む手を使い、自分が思うとおりボールを扱う競技がとても盛んなアメリカは、野球やバスケ、アメフトなどが世界最強です。

開拓時代、アメリカ人が国土を開拓し、発展させようとした「フロンティアスピリット」そのものです。ミュゼ 630円 ネット予約