司馬遼太郎著「燃えよ剣」を読み、新選組への見方が変わりました!

燃えよ剣は、幕末の新選組副長、土方歳三の物語です。幕末の本を最初に読んだのが、20年ほど前の「龍馬がゆく」。龍馬の虜になり、一気に読み進め読破。龍馬人気の何たるかを知った自分にとって、新選組は敵のストーリー。しかし、司馬作品の中でも評価が高く「燃えよ剣を読んでダメなら、他の司馬作品は当分無理かも」と言われるほどの秀作。このコメントがあったがために手に取ったのですが、完全なる龍馬ファンの私にとって新選組のストーリーは読み進めにくかったです。侍に取り立ててもらいたい一心で幕府側について、新選組を発足。主役の土方歳三とは最初から最後まで喧嘩屋。ただ喧嘩がしたくて毎日が生きているという最初から4分の3までのストーリーは「なぜ?これが秀作なのか?土方から何を学べというのか?」と疑問符だらけでした。しかし、後半になるにつれ、この作品のハーモニーが一気に花開きます。近藤、沖田との別れ。土方歳三の恋。函館での土方討死とそれまでの喧嘩稼業とは打って変わっての展開が素晴らしい。龍馬ファンも多いが、新選組のファンもいます。なぜ、新選組に人気があるかを考えると、土方にとっての近藤、沖田という仲間愛が素晴らしいのです。こんな仲間に出会いたい、共に過ごしたい。それが新選組の最大の魅力ではないかと私は考えました。先入観がついて回ると、片方の意見しか入らなくなり、もう片方の意見にはそっぽを向いてしまう傾向があります。龍馬ファンの自分にとり、双方のストーリーを知るということの大切さも、この本は教えてくれました。キャッシング 即日